賃貸物件の必需品

物件探しと賃貸契約の流れ

トップ

賃貸物件の申し込み方法

県外への大学に合格し、入学することが決まった人や、会社からの辞令で転勤が決定した人は、物件探しをする必要が出てきますが、一番手っとり早いのは、インターネットで検索して探すことです。希望の地域、予算そして間取りや、オートロックや浴室乾燥機付きの設備のある賃貸物件などと条件を入れていけば自分の希望の物件がすぐに検索できます。さらにその中で、これぞという物件を2、3件ピックアップすることができれば、そのホームページに記載してある不動産会社に連絡をしてみます。不明な点などを確認できれば、不動産会社を通して賃貸物件の申し込みを行います。

不動産屋に申し込みについて

不動産屋で立地、間取りなどを確認してここが良いと申し込むという流れが一般的です。しかしその前に賃貸契約に必要な物を準備する事も大事です。住民票、源泉徴収票、連帯保証人の同意書、契約者と連帯保証人それぞれの印鑑証明などが必要になります。地域や物件によって様々な上に金額も上下激しいですが、敷金礼金、不動産仲介料や前家賃なども必要です。それぞれの金額は大体多くて礼金2ヶ月分、敷金3ヶ月分、不動産仲介料1.05ヶ月分、前家賃1ヶ月分です。以上を揃えた上で不動産屋へ申し込み、審査されて賃貸へという流れとなります。

賃貸物件の契約の情報