賃貸契約の取消と取扱

賃貸契約の取消について

トップ / 賃貸契約の取消について

賃貸契約のキャンセルについて

一度、賃貸の申し込みをしたものの、契約の直前になってキャンセルしたくなる、もしくは、しなければいけないという場合はあります。例えば、複数の物件を比較検討しており、申し込み期日が迫っているために申し込みは一応したものの、後日、別のより魅力のある物件に申し込みたくなってしまった場合や、職場や仕事の都合により賃貸契約が急に不可能になってしまうこともありえます。契約を結ぶ前の申し込み段階であれば、申し込みを違約金等を支払わずに取り消せることがほとんどです。申し込み金の返却などをしてもらえる場合もあるので、仲介業者に確認してみるのがよいです。

キャンセル時の取扱の事

通常賃貸マンションを申し込んだ場合、その場でいくらかの金銭を預けておきます。これは手付金ではなく申込証拠金といって、冷やかしではなくちゃんと借りる意思がありますよという意味合いで預け入れるものです。よく問題になるのは、キャンセル時のこの申込証拠金の取扱です。契約は申込に対して承諾があれば、原則として成立します。そして賃貸マンションの場合、その後申込証拠金を手付金に充当します。しかし貸主の承諾前であれば、まだ手付金への充当はなされていないので、その時点で申し込みを撤回すれば申込証拠金は返還されなければなりません。これを返還しない不動産業者が多いため問題になっているのです。

賃貸物件の契約の情報