賃貸物件の湿気対策

賃貸の湿気対策について

トップ / 賃貸の湿気対策について

賃貸アパートの浴室の維持管理

賃貸アパートは木造建築ですから、湿気対策を意識して入居しましょう。浴室が北や北西にある場合は、日が当たらずに乾燥しにくいので、こまめに換気する必要があります。浴室にカビが発生してしまうと、不衛生ですし、退去時に原状回復義務により清掃費用が掛かってしまうこともあります。賃貸アパートに入居するときは、入居したときの浴室の壁からカビが除去されていることを確認しましょう。カビ予防効果の高い、くん煙剤を適切に使用すれば、簡単にカビ予防ができます。

1DKの賃貸物件のメリット

賃貸物件に1DKの物件があります。1Kと異なり、キッチン部分が4.5畳以上の食事スペースが確保できるほどの広さがある物件を指します。1DKのメリットとしては、食事スペースと部屋が完全にしきられる為、匂いをもう一つの部屋に持ち込まない点があります。賃貸の1DKは主に一人暮らしや二人暮らし用に貸される事が大半ですが、デメリットとしては4.5畳以上は確保できるもののスペースは限られている為、冷蔵庫やテーブルでどうしても手狭になってしまう点です。

賃貸物件の契約の情報